プライバシーを侵されないために盗聴器を発見する方法

すぐに調査しましょう

男性

自宅や職場などに、もしかしたら盗聴器が仕掛けられているかもしれない、という疑いが出てくると盗聴調査を行う必要が出てきます。盗聴器が仕掛けられて機能している間は、ずっと部屋の中での会話や会議などを誰かに盗み聞きされたり、録音されてしまう恐れが有ります。また盗聴器によってはコンセントから直に電源をとっている場合もありますので、電池切れにならずに半永久的に機能してしまうので注意が必要です。そこで盗聴調査をやってもらうことになるのですが、誰に頼んでやってもらえば良いのか分からないという人も多いはずです。盗聴調査は探偵事務所や興信所、または盗聴調査を専門にしている業者などに、依頼してやってもらうというのが一般的です。

盗聴調査はどこの業者に依頼してやってもらったとしても、調査の内容自体にはそれほど大きな違いは無いでしょう。ですが調査力や使っている器材の性能、スタッフの実績やノウハウ、かかる費用などは違ってくる場合も有ります。ですから盗聴調査を依頼する場合は、インターネットなどを使って評判などを調べておくと、安心して依頼することが出来ます。ちなみに知名度が高くて、ある程度の実績が有って、アフターサービスもしっかりしている業者が人気が高くよく利用されいます。もし自分ではよく分からずに選ぶことが出来ないという場合は、無理をせずに第三者に選ん貰うようにしましょう。信頼出来る家族や友人などに一緒に選んでもらっても良いですし、弁護士に相談してみるというのも一つの方法です。

このエントリーをはてなブックマークに追加